アオシマEF18作製(ホディー&デッキ)

 EF18の続きです。やっとこさ本体にとりかかりました。

 本体部の塗装の前に細部パーツを取り付けます。

Blog2018012101

 ん、フックがちょっと長い気が。
Blog2018012102

 エッチングパーツにヨロイ戸の変更パーツが付いていました。せっかくなので取り付けることに。しっかし恐ろしい位反ってます。まぁ、このエッチング形状からしたら仕方ないかもね。車番は33にします。
Blog2018012103


Blog2018012104

 金属パーツは瞬間接着剤で取り付け。取り付け部と微妙に大きさが違いますが気にしないことにします。
Blog2018012105


Blog2018012106


Blog2018012107

 こちらはデッキ部。パーツを切り出しバリやゲート処理。手すりは細い上にゲートだらけ。もう喧嘩売ってるのかって位あります。慎重に作業したものの、1カ所折ってしまいました...
Blog2018012108

 色指定は明確では無かったのですが、つや消し黒にします。
Blog2018012109

 こちらはデッキに昇るハシゴです。塗り忘れていた車軸速度ケーブルも塗ります。
Blog2018012110

 をを!デッキを付けるといっそうリアルさが増します。
Blog2018012111

 あ、手すりが変な形ですが、ハシゴ接着固定の為の措置。接着後元に戻します。
Blog2018012112

 いよいよ本体部の塗装へ。まずはグレーのサフを吹きます。
Blog2018012113

 乾くまでの間、汽笛、ライトも塗ってしまいました。
Blog2018012114

 本体内部壁、こちらも指定色が無かったのですが、このキットの流れから言えば「ダックエッググリーン」。でも残り塗料が少なかったのと、室内機器と同色だとちょっと...という訳で久々に「淡緑1号」の出動。
Blog2018012115

| | コメント (0)

アオシマEF18作製(機関部)

 EF18作製の続きです。台車周りが完成したので、機関部に取りかかります。

 まずは各パーツを切り出し、塗装色別に小分けします。

Blog2018011001


Blog2018011002

 こちらMGらしいです。丁寧にガイドピン&穴がありますが...
Blog2018011003

 はい、やっぱり合いませんでした。ここまでまともにガイドを使ってません。もちろん切断して手合わせにて調整です。
Blog2018011004

 送風機など合わせ目がガタガタですが、気にせずに組み込みます。
Blog2018011005

 内部機器はダックエッググリーン。
Blog2018011006

 塗装準備完了!
Blog2018011007

 よし!塗るぞ~っと思って塗料を撹拌していると...ん~、なんか隠蔽力わるそうだなぁ。

Blog2018011008

 イヤな予感がしたので、急遽サフを吹くことに。
Blog2018011009

 サフを吹いて正解。ダックエッググリーンは無茶苦茶隠蔽力悪いです。サフの塗りムラすら拾ってます。このあとダックエッググリーンを重ね塗りして対応しました。おかげで乾きが悪いのなんのって...

 1点ミスをしちゃいました。この写真の様にパーツを上下逆に付けてしまった..一旦引きはがして修正しました。まぁ、ぱっと見、ミスはわからないかもしれないんですけどね。
Blog2018011010

 こちらのパーツは助手席です。一面を塗り忘れてました...なんか集中力欠けちゃってるな。
Blog2018011011

 こちら単位スイッチ関係でしょうか。微妙に塗りムラが。
Blog2018011012

 ムラが気になるのでこちらも2度塗りで対応。
Blog2018011013

 こちらは運転席後ろのカノピスイッチです。指定色はつや黒。形がやや複雑なので細切れマスキングテープにてちまちまとマスキングします。これくらい別パーツにしてくれればラクチンなんですけどね。
Blog2018011014

 ブレーキ弁本体と計器盤はライトブルーにて塗り分け塗装。
Blog2018011015

 こちらはシャーシです。ん、結構反ってますね。
Blog2018011016

 先人達のHPでは熱湯等を使用する方もいらっしゃる様なのですが、一歩間違えると変形しまくって取り返しが付かなくなりそうな予感...自分はドライヤーにて加熱&手曲げ修正を少しずつ繰り返して直していきました。
Blog2018011017

 シャーシはこのようにして塗装します。あ、色はつや消し黒です。
Blog2018011018

 一通り塗り終わりました。
Blog2018011019


Blog2018011020

 運転台、特に指定は無かったのですが、このままでは面白くないのでちょこっと追加しました。メーターはつや白、ブレーキ弁は金&銀にて筆塗り。細かくてちょっと辛かった...
Blog2018011021

 ここまでを一気にシャーシに載せました。
Blog2018011022

 残すパーツは本体、パンタ、デッキといった所でしょうか。なかなか手強いです。まだまだ続きそうです。

| | コメント (0)

アオシマEF18作製(下回りつづき)

 アオシマEF18作製の続きです。

 車輪は踏面のみシルバーにします。これは先日作製のDD51同じ工法にてトライしてみました。

 まず車輪より少し大きめにサークルカッターでマスキングテープを切り出します。

Blog2018010501


Blog2018010502

 反対側も大きさを調整し貼り付けました。
Blog2018010503

 露出面をシルバーで一吹き。
Blog2018010504

 大成功!!
Blog2018010505

 シルバーはメタルカラーを使用してます。
Blog2018010506

 次いで、車軸部分に取りかかりました。モーターボックスに車軸を...入らない...
Blog2018010507

 ん、まぁ予想された事態です。シャフトをセラブレードで削りながら調整しました。
Blog2018010508

 シャフトはどれもモーターボックスに入らず。結局6組全てで寸法調整しました。はぁ、疲れた。
Blog2018010509

 ここからは下回りの残り部品を全て切り出していきました。塗色は全てH12つや消し黒なんで。
Blog2018010510

 砂箱は一体成形で切り取りのみでラクチン...のハズがヒケやらバリが酷いので研磨等の作業が大変でした。
Blog2018010511

 引き棒も1mm程度で細いんです。ゲート処理は慎重にしないと折れてしまいます。
Blog2018010512

 ブレーキパッドは1~3軸目でそれぞれ違います。が、左右で対称になっておらずこの辺り、リアリティがDD51に比べ低い感じかも。
Blog2018010513

 台枠を含め全て塗り終わりました。
Blog2018010514


Blog2018010515


Blog2018010516


Blog2018010517


Blog2018010518


Blog2018010519

| | コメント (0)

アオシマEF18作製(下回り)

 メッキを剥がした後、早速組み立てに取りかかりました。

 こちら、モーター近くの軸通しパーツなんですが、シャフトが通るはずの場所がイガイガでいっぱい。まるでフジツボ状態...金型が痛んでいる様子です。

Blog2017123101

 「フジツボ」を除去するために、手元にあった3mmドリルで削っちゃいます。
Blog2017123102

 モータを組み付けましたが...ご覧の通り浮いてしまいます。

 ガイドピンの大きさが合っていないのと、パーツが若干変形してるみたい。
Blog2017123103

 このままではNGなので、ガイドピンを含め表面をペーパー掛け。
Blog2017123104

 次いで車輪。うわ、押し出しピン跡がモロに。12個も有るのでパテ修正はちょっと...軽くペーパー掛けし、車軸内側になるようにして目立たない位置にします。
Blog2017123105

 車輪はまず全体をつや消し黒にぬる為、ホイールとスポークを合わせちゃいます。
Blog2017123106

 EF18初塗装はつや消し黒。地味な色ですが、一吹きするだけで何となくリアルさが増してきます。軸箱などの下回りパーツも塗ってしまいます。
Blog2017123107

 動輪部分はシャフトに仮止めして塗装。先台車写真はシャフトがスカスカで仮止め出来ないので、割り箸に両面テープ固定。
Blog2017123108

| | コメント (0)

アオシマEF18作製開始します


久々のブログ再開がまたもやこちらになるとは...そう、プラモ作製。あんたも好きよね~って言われそう...

 少し前からバースデープレゼントをプラモにしてもらい、以降毎年少しずつ作製するのがパターン化されてます。

 今年は鉄道に戻り、アオシマのEF18です。

Blog2017122901

 箱はDD51に比べ半分程度。だが完成スケールは1/50とDD51と同じ。おそらく細かなディティールに差があり、パーツ数に影響してるのかも。

Blog2017122902

 なにやら気になる記載が。上級者向けとは?

Blog2017122903_2

 さて箱を開封、中身を確認していきます。

Blog2017122904_2

 プラモのメッキ、最近はそのまま使った事ないな。このプラモもメッキを剥がして使います。
Blog2017122905_2

 説明書を確認。ん、イラスト、手書き?ちょっと古くさい...というか懐かしい感じ。昔はみんなこんな感じだったハズ。
Blog2017122906


Blog2017122907

 パーツを確認して、先ほどの「上級者向け」の意味がわかりました。パーツのヒケがひどい。ミリ単位でへこんでます...
Blog2017122908

 さらにこちら、同じ部品3組のハズが、真ん中の部品に穴が空いてません。自分で開けろってか。
Blog2017122909

 バリ、凹凸もスゴい。
Blog2017122910

 こちらなんか、バリもひどいですが、ゲートなのか部品の一部なのか一見するとわかりません。
Blog2017122911

 いやいや、最初からこの調子だと結構気合い入れないと完成出来ないかも。パテ盛りやペーパー掛けが大変な予感。

 まずはメッキパーツの剥がし作業から。使用しないSGと思われる部品はあらかじめ除去しちゃいました。ランナーごと、例によってハイターで剥離します。

 が、水温が低いのかうまく剥がれません。
Blog2017122912

 しかたなく泡ハイター原液で処理。
Blog2017122913

 今度は5分ほどで剥離。うまくいきました。
Blog2017122914

| | コメント (0)

«SSD交換その後