« フィッシング | トップページ | アオシマEF66作製(台車編1) »

アオシマEF66作製

 久しぶりの更新です。相変わらず出張が多くバタバタしてますが、最近になりさらに加速している気が。働き方改革って何?おいしいのそれ?

 最近ご無沙汰だったプラモ、アオシマEF66で復帰します。

Blog2018121501

 相変わらずデカい箱!


Blog2018121502

 パッと見、パーツ数はDD51より少し少なく見えます。

 今回はオプションのアルミ車輪とLEDもセットで。



Blog2018121503

 説明書を見てみると、親切な記述。”上級者向け”とあるEF18に比べると親切な書き方かな。細かい部分まで着色指示もあります。

 写真にある台車、説明書の半分程度を占めてます。ま、機械室内部がほぼ省略されているので、外から見える部分でリアルにできる部分となると、限られますからね。なんとなく予想してたし。


Blog2018121504

 メインカラーは青15号。ガイアカラーが指定されています。台車周りはつや消し黒がメイン。

 全体的にミスターカラー油性の指定が多いですが、従来通りの水性でもOKの様子。但し油性しかないものもあり。できれば体へのダメージが比較的低い水性がいいんですけどね。
 どちらにしても不足塗料が多いので、これから準備です。

|

« フィッシング | トップページ | アオシマEF66作製(台車編1) »

アオシマEF66」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィッシング | トップページ | アオシマEF66作製(台車編1) »