« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »

レゴモーター修理(Power Functions M-Motor8883)

 子供に買い与えたレゴ、修理してみました。

 修理って言っても、ブロックそのものでは無くモーターです。あまり知られていませんが、レゴにはモーターや歯車、シャフト等の稼働パーツが多く存在します。(Power Functions M-Motor 8883)

 子供がエレベーターなど稼働作品を作って楽しんでいたんですが、急に動かなくなったとの事。おそらく断線かモーターの焼き付けと想定し、修理してみました。

 

 まずはモーター本体をバラシます。ネジ1つを外し、カプラをこじって外します。

2019091401

 

 内部は非常にシンプル。コードのうち真ん中の2つを使用しています。テスターを当ててチェックすると、外側2本が常時電源とアース、真ん中二本で極性転換兼用の電源となっている様子。

 ちなみに駆動部はプラネタリギアを採用、省スペース且つ同軸上で効率的な減速がされています。

2019091402

 

 おそらくモーター付近の配線がダメであろうと判断、思い切って切断します。

2019091403

 

 あとはハンダを丁寧に除去し、配線し直します。

2019091404

 

 ウンともスンとも言わなかったモーターが動き出しました。やっぱり断線でビンゴ。モーター焼き付けで無く良かったです。

 元通りにして完成。ま、モーター焼き付けでもマブチのやつで簡単に代用できそう。

2019091405

 

 モーター単品なら某ショッピングサイトでも簡単に手に入りますが、約2000円と子供向けおもちゃとしては微妙な価格。今後もこの範囲の故障なら自分で直しちゃうかな?

 

 

| | コメント (0)

電子キット作成(ワンダーキット タッチセンサー2)

 子供にせがまれこんなキットを作りました。ワンダーキットのタッチセンサー2です。静電容量式センサースイッチのキットです。エレベーターとかにある触れるだけで感知するスイッチです。色々と探したのですが完成品は見つからず。そのため、今回はキットタイプにチャレンジ。

2019090101

 

 とはいえ、電子キット作成は10年ぶりくらい。大丈夫かな?

2019090102

 

 まぁ、簡単なパーツごとの役目と形状などは理解していたので問題なさそうです。

2019090103

 

 ダイオードって言ったって、殆ど方はLEDと思われるでしょう。このキットは2種類しかないので区分は簡単。

2019090104

 

 先に抵抗を取り付け。カラーコードを見て抵抗値を区別し、基板パターンの正しい場所に付けていきます。

 カラーコード、黒が0、茶が1、赤が2...であり、覚え方として

 黒髪の令嬢、茶を一つ、赤いにんじん、第(橙)三の男、岸(黄)惠子、嬰(緑)児(5).....

 懐かしいです。

2019090105

 

 一通りはんだづけ完了です。形がいびつですが大丈夫かな?

2019090106

 

 電源を接続し動作確認。付属のアルミテープに軽く触れることでリレーが動作します。リレー動作なので100V500W程度まで制御可能です。なんとか失敗せずに完成です。

2019090107

 

 あとは適当なケースに入れればいいかな?

 このキット作成にあたり、やっぱりパーツ名や形状の把握、半田付けスキルは必要です。ICもありパターン同士が狭い場所もあり、ちょっときつかったです。たまにこういったキットを作らないと、どんどん手元が鈍くなっていく気がします。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年10月 »