« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

アオシマEF58ロイヤルエンジン(車体編1)

 次はいよいよ車体に取りかかります。

Blog2024042901

 

 ただ車体はあちこちパーティングラインだらけ。旧車特有の丸みが台無しです。

 今回は念入りに下処理をします。

Blog2024042902

 今回の新兵器「神ヤス」です。スポンジ+ヤスリで丸みに追従し易いです。

 

 あとテールライト、ちょっと大きすぎるんですよね。

 説明書には削って別パーツを取り付けとあります。削るのが面倒ですが、リアルな方を取ります。

Blog2024042903

 

 まずはパーティングラインをセラブレードで荒削り。その後#320→#600→#800→#1000の順で仕上げます。

 

Blog2024042904

Blog2024042905

Blog2024042906

 

 神ヤスのおかげでなめらかな曲線仕上げが出来ました。

| | コメント (0)

アオシマEF58ロイヤルエンジン(室内編3完成)

 室内編の続きです。

 

Blog2024042802

 運転台は写真資料をもとに色分け。

 

Blog2024042801

 室内機器は適当に。

 

Blog2024042803

 先台車に板バネをつけ忘れていたので取り付け。まぁ殆ど見えないけどね。

 

 室内まで完成。次は車体に移ります。

 

| | コメント (0)

アオシマEF58ロイヤルエンジン(室内編2)

 室内機器の続きです。基本は室内緑としていますが、一部塗り分けしました。

Blog2024042101

Blog2024042102

 組み込むと外からは殆ど見られなくなるので、ほぼ自己満足のためです....

 

 

Blog2024042103

 今回も運転台周りは結構大変でした。極細面相筆を使って塗り込みました。いやいや、小さくて大変でした。

 

 

 

Blog2024042104

 椅子やタンク類、HBも。

 

 

Blog2024042105

 元ダメは一部シルバー指定。マスキングしにくい場所で時間かかりました。

 

Blog2024042106

 綺麗にできたかな。時間掛けた甲斐がありました。

 

 

Blog2024042107

 床板が反っていたので修正もかねて車体と仮ドッキング。

 反りを修正していた所、床板がぱっくり割れてしまったのはここだけの話...

 本体との合わせが結構厳しいのでこのまま行ってみます。

 

 次は室内機器設置です。

| | コメント (0)

アオシマEF58ロイヤルエンジン(室内編1)

 台車周りが完成したので、次は室内機器です。アオシマEF66シリーズと違って室内機器は省略されていません。

 説明に従い、コツコツとくみ上げました。合わせ目が合わないなどありましたが、ほぼ見えない場所なので気にせず進めます。

 内部色はダッグエッググリーン指定ですが、古くさすぎるので室内緑にしてます。塗料はいつもの「ガイアカラーEx-m002淡緑1号」のお世話になります。

 その他、送風機、油タンクなどは光沢黒、その他はつや消し黒という感じです。

 運転台周りの色は資料によってバラバラなので、これまでの経験からオリジナル配色にします。

 メインは室内緑で、ブレーキ弁、パネルの一部を濃緑、その他笛を赤など説明書と全く異なる配色に...

 

Blog2024040701

Blog2024040704

Blog2024040703

Blog2024040702

 この後も塗装、塗り分けを続けます。

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »